糖尿病

膵臓の循環を良くして糖尿病を改善する整体がある事をご存じですか?

膵臓の循環を良くして糖尿病を改善する整体がある事をご存じですか?

岡崎市の糖尿病でお困りの方へ

こんなお悩みありませんか?

  • 指示通り服用してても血糖値がなかなか下がらない
  • 食事や日常生活を意識してても血糖値がさがらない
  • 血糖値をうまくコントロールしたい
  • 合併症は絶対に発症させたくない
  • 現状維持、できれば少しでも改善したい

糖尿病

糖尿病とは?

糖尿病とは膵臓からでるインスリンと言うホルモンの量が不足したり、作られたインスリン自体の働きが悪くなる事によって、

血液中のブドウ糖が多くなり過ぎた状態(高血糖)が長期間続く状態を糖尿病と言います。

 

糖尿病には1型糖尿病・2型糖尿病・妊娠糖尿病・ほかの疾患に伴う糖尿病などがあり、

男性は6人に1人、女性は11人に1人が2型糖尿病の疑いがあり、糖尿病患者の95%は2型糖尿病と言われてます。

 

●1型糖尿病

小児期に多いため小児糖尿病とも言われています。

自分の体の免疫(リンパ球)があやまって膵臓のランゲルハンス氏島のβ細胞を壊してしまい、インスリンが作れなくなり発症してしまいます。

 

●2型糖尿病

食生活の乱れ・運動不足や遺伝的要素など、様々な事が原因で発症します。生活習慣病とも言われています。

糖尿病初期には自覚症状がほとんどなく、気がつかない事が多い病気です。

なので他の症状(合併症)を感じた時にはかなり糖尿病は進んでいると言って良いでしょう。

 

インスリン

インスリンとは、

膵臓の中のランゲルハンス氏島という所のβ細胞から作られる、血糖値を唯一下げる働きのあるホルモンです。

食事をすると血糖値が上がります、上がると同時にインスリンが分泌されます。

 

血管を通り血糖がそれぞれの臓器に届くと、インスリンにより臓器に取り込まれます。

このように食後に上がった血糖値は、インスリンによって処理され血糖値は適正に保たれています。

 

ブドウ糖

ブドウ糖とは、

炭水化物が消化されるとブドウ糖(グルコース)に変わり、血液により全身の細胞や臓器に取り込まれてエネルギー源として使用されます。

 

血糖

血糖とは、

血液中のブドウ糖の事です。血液中のブドウ糖の量が多ければ高血糖となり、血糖値が高いことになります。

 

糖尿病の診断基準

  • 空腹時の血糖値が126mgdl以上
  • 75gのブドウ糖を飲んで、2時間後の血糖が200mgdl以上
  • 随時血糖200mgdl以上
  • ヘモグロビンA1cが6.5%以上

検査の結果、数値がオーバーしていれば違う日に再検査し、再度オーバーしていれば糖尿病と診断されます。

もしくは2つ数値が超えている場合は初回で糖尿病と診断されます。

 

糖尿病の症状

  • 疲労感
  • 喉が非常にかわく
  • トイレが近い・頻尿
  • 手足の感覚がシビレ、またはチクチク感
  • 食事後も空腹感を感じる
  • 体重減少

糖尿病の仕組み

糖尿病は血液中のブドウ糖を、インスリンにより適正な処理が出来ない事により多量なブドウ糖が溢れている状態ですよね。

その大量のブドウ糖が血管の内壁を傷つけてしまいます。

特に末梢の細い血管を先に痛め、内壁の損傷・血管の硬化・血管内が狭くなってしまい、必要な栄養素や酸素が行き難くなります。

 

非常に怖い糖尿病の合併症(細小血管障害)

●糖尿病網膜症

目に起こる合併症で、網膜の細い血管がつまる事により、視力の低下や失明が起こってしまいます。

 

●糖尿病腎症

普段、腎臓は血液をろ過して不要な老廃物を尿として体外に排出しています。

高血糖により腎臓の毛細血管が痛み、腎臓の機能が正常に働けなくなります。

すると血液をろ過する事ができなくなるので、人工的にろ過をする人工透析が必要となります。

人工透析は1週間に3~4回、1回にかかる時間は4~5時間かかります。

 

●糖尿病神経障害

末端等の細い血管に血液が行き難くなると、神経細胞の自律神経に障害が起こります。

足の傷や火傷の痛みなども感じにくくなります。

気がついた時には手遅れの場合もあり、足の切断になってしまうケースもあります。

 

非常に怖い糖尿病の合併症(大血管障害)

高血糖の状態だと太い血管の動脈硬化も進みます。

動脈硬化が進むと、血液が流れにくくなったり血管の内膜からプラークがはがれて、血管を詰まらせ臓器に障害を引き起こしてしまいます。

 

脳梗塞・狭心症・心筋梗塞など様々な重大な合併症を引き起こします。

 

糖尿病の治療

糖尿病治療の目的は、現状より悪化させない事、そして高血糖からくる合併症を予防する事です。

基本的な治療は3つ

  • 食事療法
  • 運動療法
  • 薬物療法

食事療法

血糖値をコントロールしていくには食事の方法がとても重要になります。

 

●朝昼晩と、できるだけ決まった時間に食事する事により、血糖値の上下動を少なくする事ができます。

●ゆっくりよく噛む事で腹八分目の量でも満腹感を感じる事ができ、血糖値の上昇も遅くなります。

●忙しい毎日のなか、簡単に食べられる炭水化物ばかりにならないよう、肉や野菜などもバランス良く食べる事が大切です。

 

最近では、糖質制限食を進めるお医者さんも多いようです。

 

運動療法

運動療法は血液の中に溢れている糖を消費するのにはとても効果的です。

しかし合併症がある時は、独断で行わずに主治医としましょう。

 

どんな運動が良いかは、有酸素運動がお勧めです。有酸素運動とは水泳・散歩などゆったり長時間できる運動の事です。

 

●効果的に有酸素運動を行うタイミングとは

 

糖尿病の人の血糖値が最大に上がるのは、食後30分~1時間なので、その時間に有酸素運動を20~30分行うと

効率良くブドウ糖を燃やし、血糖値をコントロールできるとされています。

そして大切なのが、無理をせず継続する事が大事となります。

 

薬物療法

薬物療法は、食事療法と運動療法を行っても血糖値の上昇改善がみられない場合にプラスして行われます。

ただ薬物療法は糖尿病の根本治療ではありません。

血糖値の上昇を抑えることが主な目的となります。

 

●薬物療法の注意点

血糖値を下げる目的の薬の効きにより、血糖値が70mg/d以下に下がり過ぎると低血糖となり、

動悸・めまい・震え・冷や汗・強い空腹感などの症状を引き起こしてしまいます。

普段の食事量や運動量の自己管理がとても大切となります。

 

膵臓の循環を良くすれば糖尿病が改善?

食生活の乱れ・運動不足・心身のストレスなどで、インスリンの過度な生産の繰り返しにより、膵臓自体が疲弊しきり硬くなってしまいます。

硬くなれば当然、膵臓機能が落ちて良いインスリンも作れなくなり、必要なインスリン量も作れくなります。

 

スポーツの試合・テスト・発表会などもガチガチに緊張して硬くなってると、持ってる力を発揮できないのと同じですね。

膵臓自体が柔軟性を取り戻せば、循環も良くなり膵臓機能も改善されていきます。

 

整体で膵臓を元気な状態に戻し糖尿病を改善する

西洋医学による治療では、薬物治療により膵臓の機能回復を行っていますが、

薬はあくまで状態の進行を止めながら薬の力で強制的に数値を下げているだけなのです。

膵臓自体を元気にさせている訳ではありません。

 

糖尿病を改善するポイントは、膵臓自体を元気にさせ適切なインスリン量を作れる状態にする事です。

 

当院では膵臓をあるべき位置に戻し、負担をかけているストレスを取り除き、

膵臓機能を元気にさせる刺激を送る事によって自然治癒力を高め、

膵臓が正常に機能できる状態に戻していきます。

 

整体で内蔵の不調が改善される5つの理由

全身の歪みを瞬時に整える

内臓の不調を改善させるには、全身の歪みからくる自律神経の乱れを整える事が必須です。

意識・無意識問わず、体が歪みを感じていれば自律神経は乱れます。

内臓の不調の原因でもある自律神経の乱れを整えない事には内臓の不調も改善されません。

 

18種類の刺激で骨盤矯正

内臓の受け皿、骨盤が歪めば内臓も歪み、圧迫を受けて自律神経を乱し、血液の循環を悪くしてしまいます。

一般的な骨盤矯正はベッドから1歩下りれば骨盤が歪む所が多いですが、

当院の骨盤矯正は18パターンの刺激を駆使し、

その方に一番合った方法でする為、ベッドから降りて走っても・ジャンプしても歪みにくい骨盤矯正で

内臓のベッド、骨盤を安定させます。

 

内蔵の位置の歪みを整える

日常生活・食生活・ストレス等により、本来あるべき位置から臓器がズレてしまう事があります。

代表的なのは胃下垂ですよね。

胃が下垂すれば胃の調子はモチロン、腸も圧迫し、女性ならば子宮も圧迫して血液の循環を阻害し、

子宮内膜症などを引き起こしてしまいます。

 

本来あるべき位置にあってこそ、それぞれの臓器は正常に働く事ができるのです。

 

日本古来より伝承の整体法

内臓が不調になる大きな原因の一つに「循環が悪い」事があげられます。

川をイメージしてもらえると分かり易いですが、

水の流れが遅く、流れ悪い所にはゴミが溜まっていき水も澱んでしまいます。

 

内臓も同じで循環が悪い所はドンドン硬くなっていき、自律神経を乱し機能が低下してしまいます。

日本古来より伝承されている当院の整体技術は、直接内臓に働きかける手法、手の届かない所はツボや体の反射を使い、

内臓ひとつひとつに対して循環を改善していきます。

 

病院もお手上げな癒着を解消

内臓は他の臓器と癒着して正常に働けなくなる場合もあります。

みたらし団子をパックから取り出す時に、隣の団子とくっついてしまって、取り辛い事ないですか?

それと同じ事がお腹の中でも起こっています。

 

特に開腹手術をした方に多いですが、開腹手術をしていなくても、

長期間圧迫し続けたり、血液の循環が悪くなっている状態だと癒着する事もあります。

 

必要に応じて癒着も直接的・ツボや体の反射を使い解消していけば、不調な内臓の回復も早まります。

施術料金

ここまで読んで頂いた感謝の気持ちと、あなたの体を早く大切にしてほしいとの思いで

ご予約時に「ホームページを読んだ」と言っていただければ初見料2000円は無料とさせていただきます。

施術料金初回特典

院長挨拶

院長 鷲野誠

からだ工房の鷲野です。

一度発症すると生涯付き合っていかないといけない、と言われてる糖尿病ですが、

薬で血糖値をコントロールするしかないと言われると心配や不安で気持ちが穏やかになる時がないですよね。

 

糖尿病はジワジワと進行してしまう病気です。

薬物療法や運動療法と共に、整体で血糖値を下げることが出来る唯一の臓器「膵臓」の機能を回復させていきましょう。

 

整体電話受付画像

 

あなたとの出会いを心よりお待ちしております。

お気軽にお電話くださいね。

自分ではどうにもできないお悩み」を

あなたの望む方向に一緒に変えていきましょう

からだ工房はコチラ

愛知県岡崎市若松町萱林25-10  南公園遊園地側徒歩1分  JR岡崎駅から車で5分

からだ工房 整体院場所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

からだ工房

ご予約・お問い合わせはコチラ

0120-95-1155

0120-95-1155
メールでのご予約はコチラ
受付時間
10:00~21:00 (当日予約歓迎!)
定休日
水曜日 (土日・祝日は営業)

〒4440826愛知県岡崎市若松町萱林25-10