起立性調節障害

なぜ?病院でも対応に困る起立性調節障害を整体で改善に導けるのか?

なぜ?病院でも対応に困る起立性調節障害を整体で改善に導けるのか?

当院の3つの特徴

こんなお悩みありませんか?

  • 朝起きたくても起きられない
  • 頭や体が重たい
  • 頭痛や腹痛が辛い
  • 立ち上がるとめまいや真っ暗になる
  • 胸のドキドキや息が吸いにくくなる
  • 立ち続けると気分が悪くなる
  • 夜、寝れない

今すぐ当院にお越しください

起立性調節障害とは?

起立性調節障害

起立性調節障害は、自律神経がコントロールしている血圧や心拍などの調節に問題があり、色々な不調が発生してしまう。

体がだるい

  • 体が尋常じゃなく重だるい、特に午前中は体が重たくて動かない。夕方になるにつれて段々と重だるさが消えていく。

朝、起きられない

  • 本人が起きる気持ちになっていても起きることができない、無理に体を起こしても頭が朦朧としてしまう。

立ちくらみ

  • 急に立ち上がったり、体勢を変えるとめまいや頭痛が酷い。お風呂から上がる時は要注意。

動悸

  • 階段等を上った後の胸のドキドキ感、動悸が酷いと息も吸いにくくなってしまう。

立ち続けると気分が悪くなる

  • 立った状態での色々な作業、集会等で立っていると気分が悪くなったりめまいがして、酷いと失神してしまう場合も。

頭痛や腹痛が酷い

  • 頭痛を強く感じる(特に午前中)腹痛も便秘や下痢を繰り返す。

夜寝れない

  • 夜になるにつれて体の調子が上がってくるので、寝ようと思って頑張っても頭がさえて寝付けない。

このような症状で、自分の意志とは全く違う行動してしまう為、精神的にも負担がかかってしまいます。

病院や心療内科にいかれても「原因不明」と言われ、どうしたら良いのか・・・とお困りの方も少なくありません。

起立性調節障害の原因とは?

起立性調節障害の程度の差はあれど、思春期の子供10人に1人はなんらかの症状を発症しており、病院で血液検査や診察しても現代医学では調べようがなく、原因不明と言われます。

ちょうど自我が芽生え体も成長する時期、心と体のバランスが崩れやすいです。体の成長に骨や神経がついていけずに自律神経のバランスが崩れてしまうのです。

自律神経とは体が一番最適な状態に保つために、24時間働いてくれています、車で言うオートマチックのギアみたいな物です。

自律神経のバランスが崩れると、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかず、血流量のコントロールも乱れ、脳や内臓への血流も低下、

それに伴い神経過敏・内臓の過緊張からくる体の歪み、体の中の昼夜の逆転、大元の原因は自律神経の乱れからきています。

一般的な起立性調節障害へのアプローチ

一般的な起立性調節障害へのアプローチ

病院や心療内科で受診すれば、状態から起立性調節障害と診断される事でしょう。処置の方法は2通り。

非薬物療法

  • 運動療法(軽い散歩)
  • 下半身への血流貯留防止の弾性ストッキング
  • 起立性調節障害バンド
  • 起立時はゆっくり立ち上がる
  • 立っている時に軽く足踏みしたり足をクロスする(血圧低下防止)

薬物療法

  • 薬物療法は非薬物療法で改善しない時に行います、血圧を上げる昇圧剤(ミドドリン)などの使用。

このような処置をされますが、「薬も効きにくい」「運動も全く効かない」などと聞くことが多いです。

ではどのように起立性調節障害を改善するのか?

当院での起立性調節障害へのアプローチ

当院での起立性調節障害へのアプローチ

当院での起立性調節障害へのアプローチは、自律神経の乱れを整える事を主として施術していきます。

心身ともに「もう限界!」と訴えているのが自律神経の乱れとして現れているからです。

そこで当院では、自律神経を整える為に

  • 骨盤・背骨を整えて体内循環を良くする
  • 内臓問題を整えて循環力を上げる
  • 潜在問題を修正して自己治癒力を上げる

このような施術を行います。

体の歪み・捩じれを戻しながら血液が流れやすくし、内臓を調整して循環力を上げれば自律神経の負担もなくなり、正常に働いてくれます。

また潜在問題(感情・トラウマなど)がある場合もあるので、そこも探しながら修正していくと改善していきます。

起立性調節障害は、本人の意思とは全く違う状態になってしまいます。起きたくても起きれない・やる気はあるけどできない、など精神的にも本当に辛いですよね。

1日でも早く健康な体に戻って、快適な生き生きした「あなたらしい」毎日を過ごす為、一度当院へお越しください。

一緒に改善へ向けて頑張りましょう、必ずお力になりますよ。

起立性低血圧は内臓の調整も大切

アンケート用紙

もともと偏頭痛があり、インフルエンザにかかったのがきっかけで体調を崩してしまい、病院へ行ったところ起立性低血圧かもと言われ、血圧の薬や頭痛の薬を飲んでいましたが良くなりませんでした。

頭痛やめまいなどで週に2・3回学校を休んでいましたが、今ではその回数も減り、ほとんど毎日学校へ通えるようになりました。

内臓の調整もしていただきお腹がすっきり軽くなったと言っています。

中学に入ってから疲れやすく体がだるそうなこともよくありましたが、まえの体調が良かった頃のように戻ってきているように思えます。

起立性低血圧はストレスも関係あるので、心のケアだけ行えば良いのかと思っていましたが、先生にみてもらい、体の調整・内臓の調整も大切なことがわかりました。

同じような悩みを持つ方がみえたら、先生の施術を受けてみると良いかと思います。

K君 中学2年生 岡崎市

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

からだ工房の整体はこんな整体

写真は左右にスライドできます

①こんにちは!どうぞ中にお入りください

①こんにちは!どうぞ中にお入りください

②左側の椅子でお待ちください

②左側の椅子でお待ちください

③調査票やアンケートの記入をお願いします

③調査票やアンケートの記入をお願いします

④書いて頂いた内容を元にお話しをお聞きします、その他のお悩みも気軽にご相談ください

④書いて頂いた内容を元にお話しをお聞きします、その他のお悩みも気軽にご相談ください

⑤施術に入ります

⑤施術に入ります

⑥お体の状態を共有しながらチェックしていきます

⑥お体の状態を共有しながらチェックしていきます

⑦軽く触れるだけで施術するので安心安全

⑦軽く触れるだけで施術するので安心安全

⑧変化の確認をして施術終了

⑧変化の確認をして施術終了

⑨施術内容やお体の状態をお伝えします、質問などありましたらお気軽にしてください

⑨施術内容やお体の状態をお伝えします、質問などありましたらお気軽にしてください

⑩本来の元気なあなたに戻れるよう、一緒に頑張りましょう!お疲れ様でした

⑩本来の元気なあなたに戻れるよう、一緒に頑張りましょう!お疲れ様でした

自律神経の正常化

一緒に頑張りましょう!

この3つの問題は掛け算になっており、どれが欠けても根本的改善から離れてしまいます。構造問題・内臓問題・潜在問題を修正する当院独自の潜在内臓整体自律神経の乱れを改善へと導いていきます。

不調は「体からのメッセージ」です。そのメッセージをいかに受け取れるかが大切で、表面に見えている症状は結果であり原因ではありません。

当院独自の潜在内臓整体で自律神経の乱れを改善して「本来の生き生きしたあなた」に戻るために一緒に頑張りましょう!

施術料金初回特典

電話で予約

ラインで予約

当院の潜在内臓整体を受けた方の声

○起立性低血圧は内臓の調節も大切、お腹がスッキリ軽くなりました(K君 中学生 岡崎市)

胃腸が元気になってくると、体全体も元気になってきます(H様 30代 女性 安城市)

○ギュッと硬く重苦しい胸がフワッと楽になりました(O様 40代 女性 岡崎市)

○腎臓・肝臓の施術でむくみも減り、楽になりました(Y様 60代 女性 岡崎市)

○胃下垂以外も産後全身の違和感も治して頂き、快調です(Y様 30代 女性 主婦)

自然と息ができるようになりました(M様 40代 女性)

○施術を受けて下痢もなくなりました(H様 30代 男性)

頭痛もなくなり、姿勢も良くなり大変感謝しております(K君 小学生)

○生理痛なども含め、体の事で悩まされる事がなくなりました(H様 20代 女性)

○自分の真の健康な自然体に整えてくれる施術方法だと思います(M様 40代 女性)

あなたも楽になれる当院の潜在内臓整体を受けませんか?